読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのんでもないのに

好きなものを好きな時に好きなだけ

武井壮という男

どうも!

懲りずにやって来ました、パンです!


僕は最近ネット上で、何故か武井壮さんを見ることが多く、今さらですが今一番気になる人です。


初めはYOUTUBEがめちゃくちゃ勧めてきたのがきっかけでした。


武井壮さんを初めてテレビで見た時は、またおかしな人が出てきたなくらいにしか思っていませんでした。


自分で『百獣の王』と呼び、動物の倒し方をシュミュレーションするという、これまでの人とは全く違う、変な芸をするおじさん。


それくらいにしか思っていなかったです。


でも面白かったのは彼の経歴で、子供の時は母親がいなくて、父親も他に家庭を持っていて兄と二人で暮らしていたんだとか・・・。


お金がなくて学費を免除してもらう為に常に学年トップの成績で、陸上十種競技で日本チャンピョンに2年半でなってしまうポテンシャル。


ただ単に才能があって、天才だっただけでは語りきれない彼なりの理論があり、ある意味天才で最強の努力家、優秀な分析家であったのです。


彼の理論ではスポーツの練習を人生の何年間という時間を犠牲にして、一握りのトップアスリートを目指すのはギャンブルみたいなものであると。


彼の言葉を聞くと思わす頷いてしまいます。納得せざるおえない説得力を持っています。


スポーツの練習をするのではなく、武井壮を動かす練習をするという何とも独特なものです。


自分自身を上手く動かせないならば、スポーツが上手く出来る確率が低くなるという考え方です。
それを聞いたとき確かに、と声を出してしまいました。


武井壮さんは一つ一つ理論的に物事をとらえていて、考えられ、
そして、それを実行するズバ抜けた行動力があります。

陸上競技で日本一になって、躊躇なくプロゴルファーを目指したり。家を持たずに芸能人が通う西麻布のバーに夜な夜な入り浸ったり。


常識では考えられないことをすぐ実行出来る行動力、とても魅力的です。


自分もあんな大人になりたい、いくつになっても挑戦し続ける大人に。


大人になっても夢を叶えられる人間に・・・。

広告を非表示にする