読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのんでもないのに

好きなものを好きな時に好きなだけ

1000円カットの活用法

どうも!


皆さんは1000円カットと聞いてどんなことを想像しますか?


一般的には



良い面


『その名の通り1000円というリーズナブルな価格』


『短時間で終わる』


『無駄な会話をしなくて済む』



悪い面


『雑』


『細かなオーダーが出来ない』


『無愛想』


『ファッションなどに無頓着な人が行くところ』


などでしょうか。



ネット上では1000円カットを利用して良くなかった面、もう絶対行かないなどの書き込みが良く見られます。


果たして1000円カットとは、安かろう悪かろうなんでしょうか?


僕は美容師をやってきて1000円カットではないのですが、低価格で沢山の人数をこなす店で働いたことがあります。


本当に技術を持った上手い理美容師さんをたくさん見てきていますし、


反対にひどい技術の方もたくさんお会いしています。


それは一般的な理美容室とあまり変わらないと思うのです。


一般的なところでも上手い人もいれば、そうでない人もたくさんいるということです。



実際には1000円カットで満足している方がいるのも事実ですね。


しかしなぜ1000円カットで失敗したと感じる方が多いのでしょうか?


次回、1000円カットで失敗した方の理由を考えてみようと思います。

広告を非表示にする