読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのんでもないのに

好きなものを好きな時に好きなだけ

幸せの風景

高校時代の友人の結婚式に出席しました。


高校の時の仲間と会うと、一瞬であの時に戻って、


大人になろうと精一杯背伸びしていた、かかとが地面に着いて何だかとても安心するんだ。


正直、彼がいなかったら一年生で高校生を辞めていたかもしれない、すごく大きな存在で


僕にとってかけがえのない仲間です。


3年前くらいから僕のまわりで結婚ラッシュが始まって、年に3~4回は招待されてました。


まさしくご祝儀貧乏そのもので、年に12万くらいはご祝儀に消えていくような感じでした。


それも今日でひとまず、落ち着きそうです。


ラッシュが始まってからはお財布的には非常に厳しくて、招待状が届く度に、



『またか?!』



と言ってしまうような(周りからはまた結婚式行くの?って可哀想な目でみられてました)状況でした。


でも行くと今日みたいに幸せな気持ちであったかくなれて、行きたくないと思ったことはなかった。


それは僕の仲間はあまり上部だけでの付き合いの人がいなくて、みんな親友と呼べる人達ばかりです。


だからあまり沢山の友達がいるわけではないんですが、上部だけになりそうな人達とはご縁がないです。

それが良いのか悪いのかわからないけれど、


結婚式に招待されるのは気持ち良く行けます(笑)




それにしても二人とも幸せそうだったな・・・


二人だけではなく、あの場にいた全員が幸せな空気に包まれていた。


そこにあったのはまさに



幸せの風景。




・・・余興グダグダになっちゃってごめんね。


ちょっとだけ盛り上がったから許してね(笑)

広告を非表示にする