たのんでもないのに

好きなものを好きな時に好きなだけ

1000円カットの活用法3

どうも!


前回


『1000円カットでなぜ失敗してしまうのか?』


を考えてみました。


今回は


『1000円カットをどのように利用すれば有効的に活用出来るのか?満足を得られるのか?』


を考えていきたいと思います。


1000円カットで失敗をするのはざっくりと


『1000円カットでは難しいことを求めてしまった』


『短い時間でイメージが伝えきれなかった』


『下手な人、雑な人にあたってしまった』


というまとめになりました。


下手な人にあたってしまった時は諦めて下さい(笑)


複数回同じ人に切ってもらって、不満であった場合、それはあなたにとってその理美容師さんが『下手な人』になると思います。


ヘアカットというのは、同じスタイルを切っても、


切る人、切られる人が変われば100人いたら100通りになる・・・


それだけ個性が出るものだと思います。


もっと言えば切る人、切られる人が同じでもその時によって微妙に変わってくるものです。

あなたにとって『下手』でも、他の人にとって『上手い』ということがあり、その逆もまた然り。



美容師さんとお客様の間で人間的にも技術的にも相性というものがあるんですね。



それを踏まえた上で、1000円カットではどうすれば良いか?


まず1000円カットで頼まない方が無難なことを考えます。


女性のスタイルチェンジ


ロングヘアー~肩上にカットするなど、大幅に長さを切り、大きく形を変えること。


このオーダーは1000円カットには不向きだと思います。10~20分でスタイルチェンジをするのは、非常に難しいことです。


中には出来る理美容師さんもいらっしゃると思いますが、スタイルチェンジを早く切るというのは物凄い高度な技術がいることです。


そして、来店時に髪の毛が整髪料や結び癖、寝癖などがついていると更に難しいのです。


理美容師の真理からすると、シャンプー台で完全に濡らした状態で癖や整髪料を取り除いてから切りたいのが本音です。


それが出来ない1000円カットでは、早くカット出来る技術があったとしても、綺麗に仕上げるのは至難の技です。


1000円カットに適したこととは



一般的な理美容室の繋ぎで行く。


この利用の仕方の人達が大半で、満足を得られるのではないでしょうか?


具体的にいうと、


1~2センチ切ることや、量が重くなって来たので軽くするなど、形や長さは変えずにスタイルをキープするようにオーダーする。



男性のショートスタイル(耳出し、刈り上げなど)



男性のショートスタイルは技術的に早く切るのにすごく適しています。

耳出しや刈り上げ、ソフトモヒカンなど1000円カットでどんどんオーダーしましょう!
特に短いスタイルは長さや重さが気になるのが早くなるので、経済的にも1000円カットはとても適していると思います。



髪型を決めてからお店へ行く



1000円カットはスピードを売りにしています。
椅子に座ってから、髪型を悩んだり決めたりするのは控えた方が良いのかもしれません。


他のお客様が後ろでたくさん待っていますので、待ち合いの方達から『早くしろよオーラ』がビンビン出てお店の中が張りつめます(笑)


出来れば、僕が前に書いた


なりたい髪型の伝え方を活用して頂いて


1000円カットを上手く活用していくと、


素敵なヘアースタイルが長く保てて、経済的にもお財布にやさしいのではないでしょうか!


この方法を活用して満足がいかなかった時は下手な人にあたってしまって運が悪かったと思って下さい・・・(笑)

1000円カットの活用法2

どうも!


1000円カットは安かろう悪かろうなのか?


前回1000円カットについてお話しました。



今日は


『なぜ1000円カットで失敗してしまうのか?』


というのを考えて行きたいと思います。


まず1000円カットというものを理美容師目線で見ていきます。


『低価格=人数をこなさなければいけない』


『10分~15分でカット=無駄なことを省かなければいけない』


『シャンプーがない=結び癖、寝癖などがついていると綺麗に仕上がらないことがある、切った髪の毛を完全に払うことが出来ない』


上げればキリがありませんが、ざっくり言うとこの3つが上げられます。


一般的な美容室との違いとも言えます。


一般的な美容室も人数をこなすことが、売上げに繋がりますが、


カラー、パーマなど単価が高いメニューがありますので、そちらでも売上げを伸ばすことが出来るのが少し違いますね。


常にギュッと強く結んでる人はシャンプーしても結び癖が取れないこともありますが・・・


1000円カットのように低価格帯の理美容室は、出来ることが、ある程度制限されているというのが事実だと思います。


失敗する原因というのはいくつかあると思います。


『1000円カットでは出来ないこと、難しいことを求めてしまった』


『短いカウンセリングの時間でイメージを伝えきれなかった』


『上手くない人にあたってしまった、スタイリストがそのヘアスタイルを苦手だった』


ということが考えられます。


一番最後の理由は残念ながら運がなかったとしか言いようがありません。

プロフェッショナルであるので全てのスタイルが出来るのは当たり前ですが、


美容師さんも人間ですので、好きなスタイル、得意なスタイルがあり、その逆もまた考えられると思います。


そして一般的な美容室にも上手くない人がいるのと同じように低価格帯の店もまた同じです。


それでは、次回1000円カットをどのように利用すれば有効的な活用が出来るのか考えていきたいと思います!

広告を非表示にする

1000円カットの活用法

どうも!


皆さんは1000円カットと聞いてどんなことを想像しますか?


一般的には



良い面


『その名の通り1000円というリーズナブルな価格』


『短時間で終わる』


『無駄な会話をしなくて済む』



悪い面


『雑』


『細かなオーダーが出来ない』


『無愛想』


『ファッションなどに無頓着な人が行くところ』


などでしょうか。



ネット上では1000円カットを利用して良くなかった面、もう絶対行かないなどの書き込みが良く見られます。


果たして1000円カットとは、安かろう悪かろうなんでしょうか?


僕は美容師をやってきて1000円カットではないのですが、低価格で沢山の人数をこなす店で働いたことがあります。


本当に技術を持った上手い理美容師さんをたくさん見てきていますし、


反対にひどい技術の方もたくさんお会いしています。


それは一般的な理美容室とあまり変わらないと思うのです。


一般的なところでも上手い人もいれば、そうでない人もたくさんいるということです。



実際には1000円カットで満足している方がいるのも事実ですね。


しかしなぜ1000円カットで失敗したと感じる方が多いのでしょうか?


次回、1000円カットで失敗した方の理由を考えてみようと思います。

広告を非表示にする

幸せの風景

高校時代の友人の結婚式に出席しました。


高校の時の仲間と会うと、一瞬であの時に戻って、


大人になろうと精一杯背伸びしていた、かかとが地面に着いて何だかとても安心するんだ。


正直、彼がいなかったら一年生で高校生を辞めていたかもしれない、すごく大きな存在で


僕にとってかけがえのない仲間です。


3年前くらいから僕のまわりで結婚ラッシュが始まって、年に3~4回は招待されてました。


まさしくご祝儀貧乏そのもので、年に12万くらいはご祝儀に消えていくような感じでした。


それも今日でひとまず、落ち着きそうです。


ラッシュが始まってからはお財布的には非常に厳しくて、招待状が届く度に、



『またか?!』



と言ってしまうような(周りからはまた結婚式行くの?って可哀想な目でみられてました)状況でした。


でも行くと今日みたいに幸せな気持ちであったかくなれて、行きたくないと思ったことはなかった。


それは僕の仲間はあまり上部だけでの付き合いの人がいなくて、みんな親友と呼べる人達ばかりです。


だからあまり沢山の友達がいるわけではないんですが、上部だけになりそうな人達とはご縁がないです。

それが良いのか悪いのかわからないけれど、


結婚式に招待されるのは気持ち良く行けます(笑)




それにしても二人とも幸せそうだったな・・・


二人だけではなく、あの場にいた全員が幸せな空気に包まれていた。


そこにあったのはまさに



幸せの風景。




・・・余興グダグダになっちゃってごめんね。


ちょっとだけ盛り上がったから許してね(笑)

広告を非表示にする

なりたい髪型の伝え方

美容師っぽいこと

美容室に行くのって何か苦手で、すごくもてなされてる感があって、

こっちが気を遣ってしまうから、美容師さんに話かけられるのも嫌だったし、

でも隣のお客さんが楽しそうに話をしてるのを見ると、良くわからない嫉妬心が生まれてくる。


極めつけは、なりたい髪型を上手く説明出来なくて、


美容室に行って髪型で満足したことがなかったから。


じゃあ何で美容師になったんだ?


そんな声が聞こえてきそうですが、


小学校5~6年生で自分の髪をセットするのに目覚めて、中学、高校の時は自分の髪を切ったり、友達の髪を切ったり、髪をいじるのが好きだったんです。


美容室は嫌い、美容は好き


何てひねくれてるんでしょうか(笑)


でもそういう美容師さんって以外と多いんじゃないかな?


そういう人は黙っててもハイレベルの技術を持ってるから超売れっ子、


もしくは技術は素晴らしいものがあるのに、なかなか指名が伸びず悩んでる人のどちらかに分かれると思います。


僕はどっちかな



お察し下さい(笑)




さて、そんな中

今日はどうやって伝えれば美容師さんにしたい髪型を上手く説明出来るか考えていきたいと思います。



これは難しいですよね。


僕は美容師になるまで、正解に巡りあったことなかったです。



自分が美容師になって、このお客様の言っていることわかりやすいなっと言うことをまとめていきます!




まず結論(全体像)を伝える


これは具体的に言うとヘアカタログを見せるのが一番早くて正確ですね。

こんな感じというのをまず伝えます。




して欲しくないことを伝える


して欲しいことよりも先に、して欲しくないことを伝えると美容師さん達はそこを気を付けて施術を行っていきます。


例えば、


軽くしたくないとか


肩より短くしたくないとか


眉毛は見えないようにとか


なりたくない姿を伝えます。


それを伝えておくと後々、不快な思いをするのを避けることができます。




いつもどうするのかを伝える


整髪料は付けるのか、ドライヤーで乾かすのか、

いつも結ぶのか、アップにするのか、





そして最後に具体的に細かい部分を伝える


長さであったり、重さであったり、

ニュアンスですね。

あごくらいの長さが良いとか、

毛先を細く軽くしたいとか、

全体重めにしたいとか、





この4つを伝えておけばそうそう失敗はないかと思います。

本当は美容師さん側からカウンセリングの時点で聞き出さなければいけないのですが、

こちら(お客様)側から伝えておけば、美容師さんの聞き漏れも防ぐことにもなりますし、

お互い嫌な気持ちにならなくて済むかと思います。





したい髪型がなくって、でも気分をかえたいって人は沢山いますよね!

そういう場合は気持ち良く

『お任せで!』

が、一番良いのかもしれません。

その場合も絶対にして欲しくないことを伝えるのもお忘れなく!

バッサリいかれちゃう場合もなきにしもあらずですからね。


でも気を付けて頂きたいのが

お任せでって言われてからの『切りすぎ』『何か違う』が一番美容師さんは困ってしまうんです・・・



『お任せって言ったじゃん・・・』


内心はそう思ってるでしょう(笑)




皆さんもこれを実践して、なりたい髪型に気持ち良くなりましょう‼

はてなの一歩

はてなブログ、僕のはじめの一歩

人が好き、楽しいことが好き、面白いこともっと好き、

一人が好き、群れるの嫌い、車間距離つめてくる車もっと嫌い、

 

 はじめまして、パンです!

 

・・・まずは自己紹介です!

 

 

名前  パン

年齢  29歳

職業  美容関係

千葉県生まれ千葉県育ちの生粋の千葉っこです。

 

 

好きな事

音楽、ファッション、インテリア、ガーデニング、DIY、

アロマ、ハーブ、コーヒー、お茶、イモ、豆腐、、、

 

 

苦手な物

牛乳、アイスクリーム(好きだけど・・・)

 

 

経歴

小中高と成績は普通くらい、運動は割と出来る方、

 

普通の学生生活を送り、

 

 

高校卒業後、美容学校へ進学・・・

 

 

忙しい毎日と厳しい学校生活で美容が嫌いになる

 

美容学校卒業後、6~7年気ままに過ごすもリア充とは遠い存在に、

 

病気になり一年くらい、ひきこもりになる。

 

この時点では人が嫌いに・・・。

 

 

 

病気は完治したが、このままで良いのか悩む、非常に悩む。

 

 

 

悩み悩んだ末、27歳で美容師をやることを決意。

 

1年半でスタイリストになり、なぜかすぐに会社の方針で指導者になることに。何故だ(笑)

 

その後一年で会社の方針と合わず、後ろ髪を引かれる思いで退職。

 

 

20代という多感な時期に、

 

 

人を信じることが出来なくなると共に、人の思いの有り難さを学び、

 

 

会社に属することの有り難さと、その不自由さを実感した。

 

 

 

20代ではなかなか踏み出せなかった一歩を

 

 

 

遅めの・・・

 

 

僕のはてなの一歩にしよう。

 

 

 

 

これから、気ままに好きなことを中心にあげていきたいと思います。

 

 

よろしくどうぞ。

 

 

 

 

行くといつも買っちゃうんだ。

 

 

f:id:the-bottom-of-a-pan:20161125201606j:plain

 

二段熟成だって

 

 

・・・これが好き。

広告を非表示にする