読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのんでもないのに

好きなものを好きな時に好きなだけ

再び

どうも!

 

懲りずにやってきました、パンです!

 

少し間があいてしまいました。

このまま早くもブログ辞めてしまうのか?と思った方が多いと思いますが(笑)

 

仕事が忙しいっていうこともあったのですが、自分自身に変化が沢山ありました。今日はそれをご報告させて頂きたいと思います!

 

まず、三十路を前に実家に戻って来て、実家暮らしでめでたく三十路を迎えたわけでありますが•••

 

実家を出て引っ越すことになりました!

それも実家からすぐ近くに(笑)

 

なぜこのタイミングで実家の近くに引っ越すことに決めたのかというと、

 

実家暮らしには、

 

お金が貯められる

 

生活が楽(食事、洗濯etc)

 

というメリットがありますが、

 

親に気を遣うのと、やりたいことを制限されてしまうということに不自由さを感じたので実家をまた出ることに決めました。

 

親は世界で一番の理解者ではあると思いますが、ベストではなくベターな方向に導こうとしてきます。

親ならば当然ですが•••

 

ざっくりいうとそういう経緯で引っ越します。やっとか•••って感じですね(笑)

 

ですので、これから部屋作りなど新生活をご報告出来ればと思います!

 

 

そしてもう一つ

体調面での変化がありまして、

 

また病気が再発してきたみたいです。

 

病院に言って薬を飲んでいれば良くなるとは思うのですが、

 

30歳を迎えたここで美容師という仕事を諦めようと決断しました。

 

美容という仕事は楽しく、やりがいもあり、お客様から直接ありがとうと言ってもらえる素晴らしい仕事です。給料が安いっていうことを除けば(笑)

 

出来れば続けていきたいのですが、このまま続けていってもお客様に一番迷惑がかかってしまう、会社にも。

 

挫折でも妥協でもなく今この現状で自分の生活をより素晴らしいものにするために出した決断です。

 

 

悔いはないです。

 

美容師で学んだスキルはこれからの人生に活かせる、これからの自分の美容人生は家族、友人の髪を切るくらいになるけど、周りの人を笑顔にするのは変わらないと感じてます。

 

転職、引っ越し、治療、やりたいこと、

 

これから忙しくなります!

 

ブログなるべく頑張ります!(笑)

広告を非表示にする

武井壮という男

どうも!

懲りずにやって来ました、パンです!


僕は最近ネット上で、何故か武井壮さんを見ることが多く、今さらですが今一番気になる人です。


初めはYOUTUBEがめちゃくちゃ勧めてきたのがきっかけでした。


武井壮さんを初めてテレビで見た時は、またおかしな人が出てきたなくらいにしか思っていませんでした。


自分で『百獣の王』と呼び、動物の倒し方をシュミュレーションするという、これまでの人とは全く違う、変な芸をするおじさん。


それくらいにしか思っていなかったです。


でも面白かったのは彼の経歴で、子供の時は母親がいなくて、父親も他に家庭を持っていて兄と二人で暮らしていたんだとか・・・。


お金がなくて学費を免除してもらう為に常に学年トップの成績で、陸上十種競技で日本チャンピョンに2年半でなってしまうポテンシャル。


ただ単に才能があって、天才だっただけでは語りきれない彼なりの理論があり、ある意味天才で最強の努力家、優秀な分析家であったのです。


彼の理論ではスポーツの練習を人生の何年間という時間を犠牲にして、一握りのトップアスリートを目指すのはギャンブルみたいなものであると。


彼の言葉を聞くと思わす頷いてしまいます。納得せざるおえない説得力を持っています。


スポーツの練習をするのではなく、武井壮を動かす練習をするという何とも独特なものです。


自分自身を上手く動かせないならば、スポーツが上手く出来る確率が低くなるという考え方です。
それを聞いたとき確かに、と声を出してしまいました。


武井壮さんは一つ一つ理論的に物事をとらえていて、考えられ、
そして、それを実行するズバ抜けた行動力があります。

陸上競技で日本一になって、躊躇なくプロゴルファーを目指したり。家を持たずに芸能人が通う西麻布のバーに夜な夜な入り浸ったり。


常識では考えられないことをすぐ実行出来る行動力、とても魅力的です。


自分もあんな大人になりたい、いくつになっても挑戦し続ける大人に。


大人になっても夢を叶えられる人間に・・・。

広告を非表示にする

偶然か必然か

どうも!


懲りずにやってきました、パンです!


ちょっとブログお休みしてしまいました。


その期間でひょんなことに、前の会社に戻ることになった、今度は現場で。


とりあえず3~5年は頑張ろうと思うよ。その先にあるのは独立だとあってほしい。
美容室をやるわけではないけど、以前から独立心は僕の中に密かにあって、好きなことをして生計を立てたいと思っていました。今はまだ時期じゃない、お金もないけど、


しっかり土台を作って着々と進んで行きます。


面白くなってきました。


あんなに人生、悲観してたのに・・・


何があるか分からないね(笑)


でもワクワクするって、やっぱり楽しい。

広告を非表示にする

ヘアドネーション

どうも!


懲りずにやってきました、パンです!


皆さんはヘアドネーションをご存知でしょうか?
僕がいたお店はヘアドネーションの加盟店ではなかったのですが、何名かお客様で寄付したいという方がいらっしゃいました。


ヘアドネーションとは


医療用のウィッグ(かつら)で、主にがん患者さんなどがつける100%人毛のかつらです。


髪の毛の長さが31㎝以上、完全に乾いていて、切り口がしっかりゴムなどで束ねていなければいけないなどという条件があります。


現在100名以上の方がヘアドネーションを待っている状況だということをニュースで見ました。
切ったあとただ捨ててしまう髪の毛を寄付出来るというこの制度は本当に素晴らしい制度だなと思います。


言い方は悪いですが、ある人にとってはいらないから捨ててしまうもの、それがある人にとっては人生を左右するような必要なものである。


まさに捨ててしまうのはもったいない、美容師さんに言って切ってもらい、寄付するだけで誰かの役に立つのです。
美容師である僕もとても誇りに思います。


ロングヘアーからショートにする方などやってみてはいかがでしょうか?


あなたの髪の毛を必要としている人がいるはずです。

広告を非表示にする

低所得だって裕福だ。

どうも!

 

 

懲りずにやって来ました、パンです。

 

 

突然ですが、

 

 

理美容師の平均年収をご存じでしょうか?だいたい240~250万といわれています。これを聞いて皆さんはどう感じるでしょうか?多くの方であれば低いと感じると思います。美容師である僕自身、低いと感じています。

実際にこの平均年収にドンピシャだから(笑)

 

 

ちなみにこの数字は清掃員の平均年収と同じくらいといわれています。

こちらもどう感じるでしょうか?妥当だとおもいますか?

 

 

僕は疑問しか感じません。清掃員も立派な仕事だと思いますし、見下しているわけではなく、どちらももっと高くて良いはずだ、社会に貢献してる、彼らがいなきゃ困る人たくさんいるよ、そう感じます。

一般的にはどちらも低所得者の部類に入りますね。中にはカリスマ美容師や高所得のオーナーなどの例外もありますが。

 

 

しかし何をもって低所得なのでしょうか?年収300万以下?250?

年に1回も旅行に行ってない人?外食が少ない人?外車を持てない人?

高級な家電、家具を買えない人?高い服が着れない人?

 

 

だとしたら、それの何が悪いんだ。

 

 

そんなことしなくたって生きていけるじゃないか。

 

 

少ない給料しかもらえない美容師という仕事に就いて不満を持ちながらも、自分は貧しくないと、自分に言い聞かせています(笑)

 

 

だってそれなりに、不自由はしていません。

 

 

高級な外車じゃなくったって中古の日本車で十分だし、

レックスじゃなくても、セイコーの1~2万のでもかっこいいし、

家電は型落ちのであればそこそこ良いのが安く手に入る。

この間お店で国内メーカー40インチのテレビ5万以下だったよ。

自炊したほうが健康に良いし、家具はDIYして可愛くて部屋にぴったりのが作れる。

少ないながらも信頼できる仲間もいる。

 

 

所得が上がれば考え方も変わってくるのかもしれないけど。

 

 

良くも悪くも今の世の中、情報がたくさんあって自分で集めるかどうかで、人生がかなり変わってくる。人生って考え方次第である程度どうにでもなるんじゃないか?

近頃、本当にそう思います。

 

 

ただ旅行に行ける資金と時間が少ないことは何とか変えたい。

人生1回しかないし見たことない風景や、触れたことのない空気を体験しなきゃ損だと考えてます。



 本当の本当はBMWに乗りたいし、ロレックスに憧れる、レザーのカッコいいジャケットを着たい、でっかいマイホームに最新の家電で暮らしを彩りたい・・・



けどさ、だけどさ、本当に必要なんだろうか?

 


現状に満足しているわけでは全くなくて、所得が上がるにこしたことはないし、

向上するようにこれから努力していきたい。将来の不安はもちろんあるけど、

 

 

低所得は決して貧しくない、

 

 

考え方次第で

 

 

低所得だって裕福なんだ。






・・・でもさ、僕も年収1000万目指したいよ(笑)

理美容師という仕事

どうも!


懲りずにやって来ました、パンです!


理美容師の仕事、正にお客様を綺麗にかっこ良くする事。疑うことはない、誰もがそう答えると思います。


髪を切り、髪を染めて、ウェーブまでかけて、時には真っ直ぐにし、結わいたり、男性ならばひげも剃ります。終いにはサービスでマッサージなんかもして、話を笑顔で頷いて聞き、お客様を満足させること。それが仕事。



ざっくり言うとこんな感じでしょうか?


世間のイメージからすると、


理美容師=髪を切る人、と言うのが真理ではないでしょうか。


○○師と呼ばれているお仕事、多くは国家資格で学校に通って資格を取り、就職して下積みを経験してから一人前になりますね。


理美容師に似ているなと感じる職業の1つに調理師
があります。


理美容師と調理師を少し比べて見ていきたいと思います。


これは僕の個人的な意見ですので、そんな意見もあるんだな、くらいに受け取って頂ければと思います。


理美容師も調理師も国家資格で、下積みがあり一人前になるということは、その道の職人になるということです。


しかし決定的に違うこと、


それは一般の方、素人の方がその技術を行うかどうかだと思います。


料理は一般の方も作って楽しむのに対して、ヘアカットはそうではないことが多いということ。
セルフカットをする人も中にはいるかもしれませんが、絶対数が少ないと言い切れます。


何故でしょうか?


料理は生活の一部で身近にあって、ヘアカットはそうではない。


料理は手軽で簡単、ヘアカットは難しい。


こんな意見が聞こえてきそうですが、僕はそう思いません。


方法を知っているか、いないかの差だと思うのです。


世界中で料理の仕方を知っている人とヘアカットの仕方を知っている人の割合が全く違う、ただそれだけだと思うのです。


ヘアカットも方法さえ知ってしまえば、ある程度は個々で(家族くや友人など)楽しんで出来るものだと思います。


何年も下積みしてやっと修得出来る技術だという風潮が一般的に流れているので、考えもしなかったことだと思いますが、効率的な方法を知ればプロまではいかないにしろ誰でも手軽に料理のように生活に溶け込んでいきます。


ヘアカットがもっと身近なものになるよう、美容師である自分が何か出来ればと思っています。

広告を非表示にする

経済的な面からみたヘアカット

どうも!


懲りずにやって来ました、パンです!


前回1000円カットについてお話しました。


この先経済的にどのような動向になるのかわかりませんが、1000円カットは現在、低価格の理美容室として位置付けられています。


これから更にデフレになったり、急激に経済が悪化しない限り1000円カットの位置付けは変わらないでしょう。


もしかしたら500円カットなるものが、普及して来るかもしれませんが。


一般的な理美容室ですとカットで3500円~6500円くらいでしょうか?6500円まで行くと高級店のような位置付けになってしまいますが、ここでは平均3500円として話を進めていきますね。


女性で普通の美容室に通うと少なくて3ヶ月に1度カットをするとして年に4回、


3500円×4回=14000円


2ヶ月に1度行くと


3500円×6回=21000円


男性の場合、短いと長さや重さが気になるのも早くなるので、月に1度行くとすると、


3500円×12回=42000円


カット代だけでこれだけの料金がかかってくることになります。
カラーやパーマ、トリートメントなどすると、更に費用が増します。


1000円カットを利用するとまた少し変わって来ますが、2ヶ月に1度行くと年間21000円にもなります、皆さんはこの金額を聞いて高いと思いますか?安いと思いますか?


お子さんがいる方なら2倍、3倍、4倍、正に家計が火の車です。


家賃を払って、光熱費を払って、食費、日用品、保険料、税金、人生って支払いばっかりですね(笑)


お金がなけりゃ生きてけないのか・・・(泣)


そんな中の1、2万円・・・少しでも減らせたら、嬉しいですよね。


なるべくなら余裕のある暮らしをしたいと思うので、5000円でも1万円でも節約して、旅行に行くなり、貯金にまわしたいものです。


食費や光熱費は皆さん頑張って節約しようと努力しますが、カット代は減らせないと感じていると思います。


だって頼んでもいないのに伸びてくるんです、やつは。


そんな固定概念を壊したい。


僕は美容師の端くれということもあり、何か皆さんの暮らしが良くなるように伝えていきたい、伝えられたらなっ、と感じています。


何か良い案が浮かぶまで、どうかお付き合い下さいませ~。